生命エネルギーとは?(vol.1)

生命エネルギー

 

エネルギーってなんなのでしょうか

 

命あるものはなぜ生きているのでしょうか?

命を維持する仕組みはどうなっているのでしょうか?

我々人間も含め肉体を持つ生命体は肉体の活動を通じて「生きている」ことを実感しています。

 

 

食物を摂り消化吸収して、呼吸をしながら

生命活動のためのエネルギーを作り出し生命を維持しています。

しかし何らかのトラブルが発生した時、その生命活動は脅かされます。

怪我や病気が原因で肉体の機能が損なわれたときや

食物・空気などの外的要因がなくなった場合などがそのトラブルにあたるでしょう。

現在、科学的に解明されている代謝と呼ばれる生命活動では、呼吸によって酸素を取り入れながら食物の栄養素を体内酵素の働きにより化学的に分解し

熱エネルギーに変換していくなどの現象が見られます。

これらは科学的な理屈がわからなくても体験的に毎日の生活で味わっていることですね。

例えば電気の仕組みの詳細は私たち一般人にはわかりませんが

スイッチを押せば電灯がともるという現象は認識していて

暮らしの中で便利に使っていますよね。

このことと同じく、食べて呼吸して活動して休むというサイクルを我々は理屈はわからなくても体験して生きています。

一方、お腹がすいたとき、動く力(元気)が出にくいですが、

食事をするとエネルギーが満ちてきて元気になりますよね。

科学的にみれば体内に入ってきた食べ物が消化され

酵素によりエネルギーとして使われるから活動意欲が出たと解釈されるでしょう。

確かにその通りですが、私達は経験的に別の場合も知っています。

時間の都合で食事できなかった時や自分の力以上のことをしなければならないとき慣用表現で

『気合を入れる・気合で乗り切る』といった頑張りをする時があります。

そういったときの気・元気はどこから来るのでしょうか。

ピンチに際しては『火事場の馬鹿力』という現象もあります。

これらは全て“精神力=こころ”の働きが肉体に及ぼした影響といえるでしょう。

『○○のためにここはがんばらなくては』と思うと疲れていた身体に力が溢れたりするのも同じことですね。

このとおり私たち人間には精神活動という心の働きが備わっていて

他の動物とは違うとされています。実はこの心の働きが人間らしさを生み

動物にはない爆発的な知能を発揮できる力を生み出すきっかけともなっているのです。

レイキヒーリングや気功などエネルギーワークの考え方では、大自然すなわち宇宙のどこかにある生きとし生けるもの全ての命を司る生命エネルギーの源があると考えていて、例えばレイキヒーリングではこれをレイキの源と呼びます。

レイキの源からこの地上には始終生命体に活力を与える“気”が降り注いでいます。

ヨガなどの基礎になっているインド哲学ではこれをプラーナと呼んでいます。

普遍的に自然界に存在する生命エネルギー、

これを意識して受け取れるように自らをチューニングする行為がエネルギーの源に繋がるという事です。

人は身体の中に丹田と呼ばれるエネルギーの貯蔵庫があり、

その生命エネルギーを蓄えていますが自己の備蓄分は限られています。

修練によって備蓄の容量を大きくすることは可能ですが、無限に大きくすることは出来ません。

しかしエネルギーの源にアクセスして繋がり自らはアンテナないしは

パイプになりきって伝達するという意識を持つとき、

個人の身体の限界を超えてエネルギーはその場に必要なだけ自然に流れるということが出来るのです。