チャクラとは何か?

体の7つの場所にエネルギーが出入りする場所であるチャクラ

 

体の7つの場所にエネルギーが出入りする場所があります。

 

人体にはチャクラと呼ばれるエネルギーの出入り口があります。

チャクラとはサンスクリット語で車輪、輪を意味しています。

インド哲学やヨガの考え方では、チャクラが回転することでエネルギーを出し入れしていると考えられており、それぞれのチャクラがバランスよく活性化してエネルギーを出し入れすることで健康が維持でき、心も安定するといわれています。

 

 

主要なチャクラは全部で7つあり、1番チャクラ(ムーラダーラチャクラ、ルートチャクラとも呼ばれる)は会陰部にあり生命力そのものを表しています。活性化すると生きる意志がはっきりしていきます。


2番チャクラ(スパディシュターナチャクラ)は丹田(へその下3センチの部分)と呼ばれる下腹部にあり、感情や性的エネルギーを高めます。

 

3番チャクラ(マニプーラチャクラ)はみぞおちのやや下の部分にあり、コミュニケーション能力や社会性を強めます。

 

4番チャクラ(アナーハタチャクラ、別名ハートチャクラは胸の中心部分にあり、愛情や理性のバランスを取ります。

 

5番チャクラ(ヴィシュダーチャクラ)はのどぼとけの位置にあり、言葉を用いての他人とのコミュニケーションを助けます。

 

6番チャクラ(アジナーチャクラ)はいわゆる第3の目と呼ばれていて、眉間にあり、直感力を高めています。

 

7番チャクラ(サハスラーラチャクラ、別名クラウンチャクラ)は頭頂部にあり、宇宙的な生命エネルギーを受信しながら心身全体のバランスを取っているといわれています。ちなみにサハスラーラとは千の蓮の花弁という意味で、活性化していると蓮の花が美しく開いたように見えるとされています。

 

これらのチャクラを整えるのは一気にではなく一つずつ順番にチャクラを活性化していく事が必要です。

下位の1番から順に活性化していかなければ、いきなり7番だけを活性化しようとすると生命エネルギーに不調をきたすといわれています。エネルギーワーク等の宣伝で、全チャクラ開放をしてあげますと言っている方もいますが、危険です。チャクラの活性化の基本は、呼吸法やヨガの基本を学びながら自分で修練し活性化していくものなのです。

 

どなたでもできる自分でおこなう浄化呼吸法で各チャクラを活性化する方法がありますので、次回以降ご説明しますね。お楽しみに。